今回の紹介ブログは、『フロント+リヤコーナーセンサー(9)/エコレボ』です。

を作成してアップしてあります。あわせてご覧いただければ幸いです。画像タイトルは「フロント+リヤコーナーセンサー/エコレボ 」で統一しています。


 テスラモーターズのテスラS(※参照『テスラアップデート8(3)/エコレボ』『テスラSソフトウェア8.0(2)/NPOエコレボ』『テスラSソフトウェア8.0/NPO法人エコレボ』『テスラS7.1アップデート(3)/自動駐車』『テスラソフトウエア6.1更新/リーフEV研』『テスラ自動運転試乗(4)/幸田幸』『テスラ自動運転試乗(3)/幸田幸』『テスラ自動運転試乗(2)/幸田幸』『テスラ自動運転試乗/幸田幸』等)は、発売当初、走るスマホとか走るiPhoneと言われるように、全て15インチモニターでGUI=グラフィカルユーザインタフェース(Graphical User Interface)WYSWIG=ウイズウィグ(What You See Is What You Get 見たままが得られる)インターフェースで、ユーザビリティが進んでいます。

フロント+リヤコーナーセンサー(9)/エコレボ画像
フロントコーナーセンサーとリヤコーナーセンサーはインジケーター付♪

 従って、ボタンやスイッチを含め、デバイスとしての諸々の物体を「取り付ける」必要はありません。日産もこれに見習うべきだと、ウチのエコレボ山本篤理事長NPO法人エコ・レボリューションNETNPO法人エコ・レボリューションCOMNPO法人エコ・レボリューションINFOアクアライズEV研究会)のEVおタクの某理事が言っていました。うん、なるほど、その通り、一理有るなって思います。

 あと、フロントコーナーセンサー+リヤコーナーセンサー+インジケーター以外で、日産では、クルマ周囲情報で安全を得る方法は、アラウンドビューモニター(トップビュー/サイドブラインド/フロントビュー/バックビュー)をオプションで装着する手もあります。まあ、日産のアラウンドビューモニター(※『日産アラウンドビューモニター(3)/エコレボ(III)』『日産アラウンドビューモニター(3)/エコレボ(II)』『日産アラウンドビューモニター(3)/エコレボ』『日産アラウンドビューモニター(2)/エコレボ(III)』『日産アラウンドビューモニター(2)/エコレボ(II)』『日産アラウンドビューモニター(2)/エコレボ』『日産アラウンドビューモニター/エコレボ(III)』『日産アラウンドビューモニター/エコレボ(II)』『日産アラウンドビューモニター/エコレボ』『30XリーフASV(1)アラウンドビュー(III)/エコレボ』『30XリーフASV(1)アラウンドビュー(II)/エコレボ』『30XリーフASV(1)アラウンドビュー/エコレボ』等)は優れものです。


 因みに、日産リーフ改造カスタムカーブログでは、本ブログに関するセキュリティ&セーフティをはじめ、日産リーフのオプション関連のブログファイルは、今までに、
セーフティイルミネーション(6)/エコレボ
セーフティイルミネーション(5)/エコレボ
セーフティイルミネーション(4)/エコレボ
セーフティイルミネーション(3)/エコレボ
セーフティイルミネーション(2)/エコレボ
セーフティイルミネーション/エコレボ
セキュリティ&セーフティ(6)/エコレボ
セキュリティ&セーフティ(5)/エコレボ
セキュリティ&セーフティ(4)/エコレボ
セキュリティ&セーフティ(3)/エコレボ
セキュリティ&セーフティ(2)/エコレボ
セキュリティ&セーフティ/NPOエコレボ
LEDフォグランプ/NPOエコレボ
ハイパーホワイトクリアランスバルブ/エコレボ
LEDヘッドライト/NPOエコレボ
30XリーフLEDアイライン充電口(3)/エコレボ
30XリーフLEDアイライン充電口(2)/エコレボ
30XリーフLEDアイライン充電口/エコレボ
等を紹介してあります。あわせてご覧いただければ幸いです。


□テキスト編集:Ann, Hiro & Megima